産後ダイエットって具体的にどんなことをしたらいいの?

産後ダイエットは通常のダイエットと違い、赤ちゃんがそばにいることが前提。さらに、妊娠・出産を経てママの体もホルモンの影響で大きく変化しています。

では、そのような環境で行う産後ダイエットは具体的にどうのようなものがあるのでしょうか?

骨盤矯正は産後ダイエットの基本です

とくに顕著なのは骨盤。通常骨盤は閉じたままですが、妊娠中に分泌されるホルモンの影響で少しづつ骨盤が開いていき、分娩時には開ききって赤ちゃんが誕生します。そのため、出産後にしっかり骨盤を正しい位置に戻さなければ、歪みやすいと言われています。

骨盤が歪むことで、その上にある内臓をしっかり支えることができないため、内臓機能が正常に働かなくなり代謝が落ちます。さらには内臓が下がることで下半身に肉がつきやすくなるので、妊娠前に履けた服が着れなくなることも多いです。

骨盤を意識した骨盤体操をしたり、整体で施術を受けることでも骨盤矯正することができます。育児が大変で時間が取れない場合は、装着するだけの骨盤ベルトや履くだけの骨盤ガードルだけでも効果的です。骨盤ベルト・ガードルは産後しばらく起こりやすい腰痛を和らげる効果もありますよ。

食の見直しは産後ダイエットだけでなく赤ちゃんの生育にも影響する

続いて食生活を見直すことも産後ダイエット成功の秘訣です。育児に追われて、自分の食事に気を遣ってる余裕がないかもしれませんが、ママの食生活はそのまま赤ちゃんの健やかな成長に繋がります。

脂っこいものや甘いものばかりを食べているママの母乳は、甘ったるくベトベトしていてとても飲めたものではありません。でも栄養価の高いヘルシーな食事を心がけているママの母乳は、赤ちゃんの飲みも良くてしっかり飲んでもらえれば、毎日しっかり3食の食事をしていても授乳によって自然と痩せていくはず。

もし、食欲が抑えられないのであれば、低カロリーの食事を意識したり間食を工夫してみましょう。酵素は便秘解消にも一役買うばかりか、代謝をあげて太りにくい体作りに有効なのでおすすめですよ。

生野菜や果物などに多く含まれていますが、酵素ドリンクや酵素サプリという形で販売されているので気軽に摂取することができます。

どうしても痩せたいからといって、極端に食べる量を減らしたりファスティングするのはダメ。母乳が出なくなるばかりか体を壊してしまいますよ。

産後ダイエットでは激しい運動は避けましょう

ダイエットといえば運動をイメージしがちですが、産後ダイエットではハードワークはNG。ママの体は産後1年ほどをかけてゆっくり元の体に戻っていくので、戻りきっていない状態でハードワークをすると簡単にへばヘトヘトになってしまいます。

やるならストレッチやエクササイズなどの簡単なもので徐々に体力を戻していきましょう。妊娠中に代謝が落ちきっているので体幹を鍛えるのもおすすめですよ。